墓じまいにかかるお金についてお教えします。

墓じまいの概要と基本的な流れ

日本では少子化の影響から近年墓じまいを選択する人が増加傾向にあります。墓じまいとはその名の通り自身の体調や墓を継承していく人がいないといった理由で墓を撤去して元通りの更地に戻す手続きのことです。
墓じまいの基本的な流れはまず最初に墓の中身についての確認と手続き後の遺骨の移動先について決めます。何代もに渡って使用をしていた場合、複数の骨壷が安置されていることも多く、これらは散骨やお寺での永代供養を選択するのが一般的です。この遺骨の取り扱いについては親族同士でトラブルになるケースも少なくありません。そのため、祭祀継承者を決めて、手続きを行なう上での書類も用意しておくことが大切です。
遺骨の行き先が決まったら使用していたお寺や霊園に墓じまいをすることを報告して実際の墓の取り壊し作業に入ります。

墓じまいに必要な工事と費用

お寺や霊園への報告が済んだらお墓のある地域の自治体に改葬の許可を貰うための申請を行ないます。これは法律上の手続きとなるので許可を貰う前に勝手に行ってはいけません。
無事に改葬の許可が貰えたら次は墓の取り壊しを行なう業者探しです。この作業は墓石屋の仕事で通常は自分で業者を探して依頼をするのが一般的ですが、お寺や霊園によっては専属契約をしていてそちらを紹介してくれることもあります。
気になる墓石の撤去に掛かる費用は30万以内が相場になっているとはいえ、実際には依頼する業者によって金額は違うので注意が必要です。そのため、複数の業者から見積もりを取って比較検討をして決めることが大切になります。
墓石の撤去が終わったら土地を更地にして管理者に永代使用権を返納すれば手続きは全て完了です。