墓じまいって自分でできるの?それともどこかに頼むの?

墓じまいには手続きが必要

遠方に住んでいるため墓を管理するのが難しい、墓を守る人がいない場合は墓参りが途絶えてしまうことがあります。手入れもせずに放置してしまうと、無縁仏となり悲しい結末を迎えることになります。無縁仏を完全に排除したいなら墓じまいという選択肢があります。墓じまいは墓を撤去して遺骨を別の場所に移すか、永代供養を行う墓地に埋葬することを指します。墓じまいは遺骨が収まっていた墓地を「しまう」ことになるため、これらの作業には手続きと供養が必要になります。勝手に移動したり無届けで墓を移動することができないため、しかるべき手続きを踏むことで墓じまいを完了できます。また墓じまいを行う際、撤去作業などには費用が発生します。

墓じまいの手順と内容

墓じまいを決意したら寺院か霊園へその旨を伝えます。遺骨を同一敷地内にある永代供養墓地に移す場合は住職や管理者がその方法を教えてくれます。別の移転先がある場合は「改葬許可書」や「受入証明」などが必要になります。改葬の場合は墓地と墓石の準備を行います。これらが全て整ったら「閉眼供養」を行い遺骨を取り出します。そして墓じまいに必要な作業が全て終わったら、墓地を更地にするための工事を行います。移転後の墓地での納骨と法要を行えば、これをもって全ての作業が終了します。墓じまいは行政への手続きも発生するため複雑な作業となりますが、個人で行うのが難しい場合は行政書士などへ依頼することもできます。新しい墓地の購入と墓じまいは費用もかさむため、見積りを取って家族とよく話し合い検討すると良いです。