墓じまいの手続き、役所、お寺にはどう言えばいいの?

お墓の継承に困ったら

最近は少子化時代で、代々伝わるお墓の継承者に困っている人が多く、墓じまいを選択する人が増えています。また、自宅からお墓が遠くて管理や供養ができない、子どもに迷惑をかけたくないという人も増え、墓じまいをする人も多くなっています。ただ、いざ墓じまいしようと思っても勝手に行うことはできません。法律で定められた許可を受けて行わなければ、刑罰の対象になってしまうほどなので注意しましょう。

まずはお墓には誰の遺骨があるのか、数量や大きさ、経過年数などを確認しておきます。手続きするために必要になります。そして、遺骨の行き先を決定します。公共墓地や菩提寺などでの合祀や納骨堂、散骨、手元供養といった遺骨の行き先があります。またスムーズに墓じまいするために、親類同士で理解を得ておき、現在の墓地管理者や檀家になっているお寺に相談しておくこと、お墓を処分する場合は石材店も探しておくことも必要となります。

役所で許可申請を取る

そこまでの準備が整えば、改葬先の墓地管理者から受取証明書、永代使用許可書を発行してもらいます。改葬許可申請者と墓地使用者が異なる場合は、埋没承諾書も必要です。必要事項を記入したら、現在遺骨が埋葬してある市区町村に提出します。改葬申請の許可が下りれば、改葬許可書を受け取ることができます。1遺骨に1枚必要となるので気を付けましょう。その後住職や石材店に依頼して、魂抜き、いわゆる遺骨の取り出しを行います。そして改葬先に改葬許可書を提出し、納骨します。

このように、墓じまいするためにはさまざまな準備と役所への手続きが必要となります。思い立ってすぐに解決できるものではないので、しっかりと準備をしたうえで行うことがおすすめです。