私に墓じまいは、必要?

お墓の維持管理と手入れ

日本では先祖代々のお墓を守るため後を継いだ人はお墓の管理と手入れを行います。お墓の管理には祈祷と供養などがあり、それぞれの節目には儀式を執り行う必要があります。またお墓は屋外にあるため風雨などによる汚れが付きやすく、こまめに掃除を行う必要性が発生します。これらを維持することが墓守の役目であり代々受け継がれてきたことです。けれども核家族化や少子高齢化により、現代社会では墓の問題が度々発生しています。遠方に住むため墓を管理できない、足腰が良くないため墓参りに行くのが難しいなど様々な問題が上げられます。これらの問題を解決するために、近年では自動搬送システムの墓石や永代供養を行う霊園や寺院も増えています。

後継ぎ不在を考えた時

子供がいないため後継ぎが不在、相手が先立ってしまったので墓を管理するのが難しい場合は墓じまいという選択肢もあります。墓じまいは墓守が存命している間にしか行えないためとても重要なことです。懇意にしている寺院や霊園があるなら墓じまいについて相談すると良いです。そのような環境にない場合は、ネットで調べたり知り合いに聞いたりして内容を知ることから始めます。墓じまいにかかる料金は見積りで知ることができるため、依頼したらすぐに取ると良いです。墓じまいのメリットは無縁仏になる可能性を完全に排除できること、デメリットは形あるものにお参りできなくなることです。未来を考えての決断となるため慎重に結論を出すことが大事です。